手づくりせっけん・ローズウィンドウなどハンドメイドを中心とした日々のあれこれ
by yoppa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
子ども会キャンプ
a0277221_1344994.jpg
先週金曜日から2泊3日の子ども会キャンプがありました。
ずっと30度超えの晴天続きだったのですが、当日はあいにくの雨。
回復の見込みがないということで、急きょ近所の集会所で決行することになりました。

a0277221_13462040.jpg長男は4度目、次男は3度目となった今年のキャンプ。
低学年の頃は、ただただ訳も分からず自由にしていた長男ですが、学年が上がるにつれて班長という役が付き、責任も課せられ、出発の2、3日前には「行きたくない(T_T)」とナーバスになっていました。
一方、次男は「ちょう〜楽しみっ!はっきり言ってキャンプ大好きっ!」と楽天的。全く対照的な二人です。

a0277221_1349297.jpgしかし、いざ始まってみると、以外にも長男は積極的に動いて班長らしきことをしていました。
一安心です。
そして、何か目立ったことをしないと気のすまない次男は、キャンプファイヤーで女神ならぬ男神として登場!エスコート役には長男の姿も!
さらにその後のスタンツ(即興の出し物)では、長男は桃太郎役として主役を、次男は前日から脚本作りと当日の司会進行まで、それぞれ立派に役を果たしていました。

a0277221_1350194.jpg
私はというと、いつもは1泊でサポートをしているのですが、今回は初の2泊でのサポート。
子どもたち主体のキャンプとはいえ、大人たちの役割も忙しく次々やることが後を絶ちません。
ほとんど炊事場で立ちっぱなし。またたくまに足はゾウのように。
子どもたちが寝静まってから、ようやく1日の反省会を兼ねた飲みが始まります。
そんなバタバタした2日間が続き、寝不足&二日酔い&疲労困憊&腰痛で、最終日は気力で動いてるようなものでした。
最後のイベントとなったスイカ割りで、食べやすいようにとザクザク切っていたのですが、包丁を持ったままスイカを持ち上げ、手が滑ってはずみで指を切ってしまいました。
けっこう深く切ってしまい、止まらない血を見て本当は気絶しそうだったのですが、まわりの方々の「大丈夫?」の声に「あ〜赤い血が流れてて良かったぁ。」と訳の分からない受け答え。それくらい動揺してました。
あるお母さんが「がんばったから休めってことだよ。」と言ってくれて、その言葉に気が緩み、(がんばったのね、あたし・・・ウルウル)と改めて思いました。

a0277221_135217100.jpg疲れることは承知でも、それに変えがたい楽しさがキャンプにはあります。
今年は特に子どもたちの活躍が見られて成長を感じたキャンプでした。

3日間、貴重な時間を割いて、直接子どもたちの
面倒をみてくれた中学生や高校生のリーダーたち。
仕事の調整をしながらサポートしてくださった大人の方々。
そして参加してくれた主役の子どもたち。
みんなありがとう!そしてお疲れさまでした!
[PR]
by yukkurisoap | 2012-08-08 14:03 | 家族にまつわるあれこれ
<< 大詰め 竹炭せっけんと湯の華せっけん >>