手づくりせっけん・ローズウィンドウなどハンドメイドを中心とした日々のあれこれ
by yoppa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
手づくりせっけん
せっけんにまつわるあれこれ
せっけん部
ローズウィンドウ
イベント
もぐもぐ部
その他の手づくり
お店
おでかけ・こでかけ
家族にまつわるあれこれ
ノラ猫との日々
密かに好き
気になる
日記
最新の記事
久しぶりのせっけん
at 2016-11-28 21:48
二戸市中央公民館講座
at 2016-10-14 16:20
欅並木の手仕事展、修了しました
at 2016-10-06 21:53
イベント搬入とワークの内容
at 2016-09-30 22:30
欅並木の手仕事展
at 2016-09-23 20:43
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...
最新のコメント
めっちゃ美味しかったの!..
by yukkurisoap at 14:31
めっちゃ美味しそうだし!..
by naosuke at 16:59
根は素直なんだと思うけど..
by yukkurisoap at 10:12
取扱い注意なんだね(^^..
by aozola at 17:17
naosukeちゃん、ブ..
by yukkurisoap at 16:56
かぁ~!素敵すぎてめまい..
by naosuke at 16:40
ご意見ありがとうございま..
by yukkurisoap at 21:57
ちょっと待ってください。..
by 厳しい意見ですが at 11:11
あさみさん、はじめまして..
by yukkurisoap at 13:16
はじめまして! 今まで..
by あさみ at 18:22
フォロー中のブログ
まるごと青森
yokoのらくがきちょう
irodori窯~pat...
岡田まりゑblog
たねブロ(青森県八戸市種...
Lovely-Jubbl...
猫猫花花
slow trip
石けんを作ろう!
AromaRoomへようこそ
こっそり工房の ど...
tecoloてころのブログ
オトヱ文庫
長瀬荒物店
ビーズ・フェルト刺繍作家...
∞おうちサロンなちゅら∞...
peaceful life
*Herbと手作り石けん...
外部リンク
タグ
検索
<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
手作りせっけん販売について、思うこと
手作りせっけんの販売について考えさせられる出来事がありました。
内容はこうです。

先週、八戸で行われたハンドメイドイベントに、せっけんを持って行ってもらおうと思い、委託先の雑貨屋さんへ納品に行きました。
雑貨屋さんもすごく喜んでくれ、さっそくブログにもアップしてくれました。

しかし次の日、雑貨屋さんから焦ったように電話が来て、よくよく聞けば保健所から電話があり「八戸のお客さんがせっけんを買って使ったら肌が荒れた。そのお客さんが雑貨屋さんのブログを読んだらイベントにせっけんを持って行くと書いてあったので、持って行かせないで欲しいと言っていた。」ということでした。
これには私もびっくりしました。
せっけんを作って5年くらいになりますが、クレームは初めてです。
雑貨屋さんもさぞかし動揺したと思います。
とても申し訳なく思いました。
と、同時に「通常はクレームというのは買ったお店や作った本人に行くものなのに、なぜ直接保健所なんだろう・・・」という疑問も抱きました。

とりあえず、私のところにも保健所から電話がいくだろうってことで、電話を待つことに。
しばらくして電話があり指導を受けました。
やはり肌に使うせっけんを売るということは薬事法に触れてしまうので違法になるということ。
私はその被害に遭われた方に謝罪したいと思い、お名前や電話番号を聞いたのですが「本人はそこまで望んでいなかったので。」と言われてしまいました。

この出来事を帰宅した主人に告げると「じゃあ、せっかく保健所から電話が来たんだから、逆にどうしたらせっけんを売ることができるか聞けば良かったのに。」と言われました。
確かに・・・
なかなか自分から保健所に電話することなんてないので、これをきっかけに聞けば良かったなと。
そして、このことをきっかけに、石けんについてちゃんと調べてみようという気持ちになりました。

ネットであれこれ検索してるうちに、せっけんの種類について分かりやすく書いておられる方がいらっしゃたので、その方の文章をお借りします。

石鹸の販売方法は4つあります。

1つめは薬用石鹸として販売すること。
 これは薬扱いなので、製薬会社でないと作れません。
 ニキビに効くなど、効能を謳う事ができます。

2つめは化粧品製造販売許可を取得し、化粧石鹸・浴用石鹸として販売すること。
 この場合、顔や身体に使うための石鹸を販売する事が出来ます。

3つめは台所用石鹸または洗濯用石鹸として販売する。
 これは家庭用品品質表示法に決められている表示をすれば免許などなく販売することが出来ます。
 油汚れがよく落ちるなど、台所や洗濯に使う際の説明が出来ます。
 これを販売するには界面活性剤の含有率の表示が義務付られています。

4つめは雑貨として販売すること。
 雑貨なので、見た目や香りを楽しむ物となるため、”石鹸”という言葉はつかえません。
 泡の説明なども出来ません。

これを読むと今までの私のせっけんの売り方は、肌への効能をうたったりしていたのでNGなんだろうな、と思われます。
ならば4番目の雑貨せっけんとして売ればどうか?とも考えました。
そして資料を持って保健所に直接聞きに行ってみようとも思いました。
雑貨石けんとしての売り方の指導を受けて来ようと。

でも、それとは別の思いも浮かんできました。
仮に、保健所から雑貨石けんとして売ることの許可が出たとしても、本当にそれでいいのか?
手を叩いて喜べるのか?という思いでした。
なぜなら、今までさんざん肌にいいですよ〜とうたってきた石けんを、雑貨石けんとして売ることになった場合「肌に使うための石けんではありません」とか「自己責任のもとご使用ください」とか明記することになると思います。
昨日までは肌に使ってくださいと言っていたせっけんを、今日からは肌に使わないでくださいと、手の平を返すような売り方は私にはできないと思ったからです。
表向きは雑貨石けんとうたっても、作り方は今までと何ら変わりなく、やっぱり肌のことを考えて作っているのですから、矛盾さえ感じてしまいます。
このやり方はあまりにも自分本位だな、と思いました。
当然、お客さんも昨日とは違うせっけんに困惑するだろうし、何かあった時、売った雑貨屋さんも責任を課せられることになるのですから、考えれば考えるほど「できない」と思ってしまうのです。
私一人、叩かれるのは平気なのですが、お客さんや雑貨屋さんにまで迷惑はかけられません。

なので、これからは石けんの販売はいたしません。

雑貨石けんを売ることを否定してる訳ではありません。ちゃんと法律で認められていますから。
あくまでも、化粧石けんのように販売して来た私の経緯があって、このような考えに至った理由を伝えたかったのです。

もともと趣味で始めた石けん作りです。
自分の石けんを使っていくうちに「肌がきれいだね。」と言われることが多くなったのも事実です。手作りせっけんは本当にいいものだと思う気持ちは今でも変わりません。
ソーパーさんなら誰でもこの良さに魅力を感じ、人にも広めたいと思うのは自然だと思います。
いいものだからこそ大切にして、いいカタチでみなさんに伝えていけたらと思っています。
[PR]
by yukkurisoap | 2013-04-22 11:17 | せっけんにまつわるあれこれ | Comments(43)
フローラルウォーターで
a0277221_15194320.jpg
使ったていた化粧水がちょうどなくなったので、手作りしてみました。
ベースになるのはフローラルウォーター。
精油を抽出するときに採出される副産物。
それ自体に有効成分があり、そのままでもすぐに使えます。
ネロリの香りが好きなのですが、ローズも試してみたくて2種類買ってみました。
どちらで化粧水を作るか迷ったすえ、ローズに決定。
これに通常はグリセリンや精油を加えて完成ですが、グリセリンの代わりにブチレングリコールというのを加えてみました。
ブチレングリコールはグリセリンよりもさっぱりとした保湿剤で、刺激も少なく防腐効果も期待できるそうです。非常に多くの化粧品に配合されています。また、香りも持続させる働きがあるそうです。
a0277221_16133446.jpg

作ってみたものをさっそく使用してみました。
まず、なんといっても香りがゴージャス!
顔に付けたとたん、柔軟剤のCMのように辺りにバラの花が咲くという感じです。
そして感触も抜群です。
ブチレングリコール、賛否両論あるかもしれませんが、私には合っているようです。
精油はフランキンセンスとゼラニウムを入れてみました。
ボトルが寂しかったので、ラベルもデザインしてみました。

そしてネロリの方はクリームにしちゃいました。
a0277221_16174412.jpg

一つは自分用に。
もう一つは引っ越ししたお友達に、せっけんとセットにしてプレゼントしちゃいました。

手作りコスメ、楽し〜い♪
自分好みに作れちゃうのがいいですね。
[PR]
by yukkurisoap | 2013-04-10 16:28 | その他の手づくり | Comments(0)
ノラコ(ノラオ)
a0277221_1743077.jpg

春休みをきっかけに、ノラコ(ノラオ)との距離がぐ〜んと縮まりました。
毎朝、我が家でご飯食べて、じゃれて、ちょっと寝て、それからお散歩。
また戻って来てご飯食べて、じゃれて、昼寝して、夜のネコの集会へ(たぶん)。
という感じでスケジュールがだいたい決まってきています。

ネコに触れなかった私も、頭をなでたりじゃれたりして遊べるようになりました。
すごくかわいいです♥
頭をなでるとゴロゴロと鳩みたいに喉を鳴らして気持ち良さそうに寝ちゃいます。

春とネコ、なんだかまったりとした組み合わせ。
ついつい私もまどろんでしまいます。
[PR]
by yukkurisoap | 2013-04-04 17:16 | ノラ猫との日々 | Comments(0)
のんびりと
a0277221_14561961.jpg
春休みに入ってから毎日ずっと友達と遊びまくってた子どもたち。
今日はめずらしく誰とも約束がなかったようなので、八戸の「こどもの国」に行ってきました。

まだまだ外は寒く、一日中いるのは厳しそう。
なので室内遊具のある「三八五こども館」に向かいました。
a0277221_14573457.jpg

中は小さなお子ちゃまたちがほとんど。
さすがにこの手の遊具はそろそろ卒業してもいいかなぁと思うのですが、それなりに楽しんでいました。
館内は暖房を切っていたので外より寒く感じます。
待ってる身としては辛いです。
おまけにスリッパもなく、ソックスを履いていても足がめちゃくちゃ冷たい。
椅子の上に正座してました。
そして何より監視のおじさんの目が厳しい!
ガムを口に入れたのを目撃され、マッハの速さで駆け寄って来て「食べ物はご遠慮願います!」と。
ものすごい動体視力の持ち主!あの一瞬を逃さず見ていたなんて。
その後もおじさんはちょっとでも怪しい行動を見つけると、対象が子どもであれ、大人であれマッハの速さで駆けつけ注意するのでした。

1時間くらいでこども館を出て、気分転換に観覧車に乗ることにしました。
小さな小さな遊園地が眼下に広がります。
閑散としてますが、花見の頃はものすごい人混みになります。
a0277221_15154316.jpg

肝心の桜はどうかな?
a0277221_1521292.jpg

ガチガチのつぼみです。
そういえば今日の新聞に、桜好きの県に青森県が三冠として載っていました。
三冠とは「花見時間」「花見予算」「桜自慢」のことです。
すごいですね、郷土愛。
冬が長く耐えた分、花見の頃には人も思いっきり開花するのでしょうね。

桜の頃、また「こどもの国」に行ってみようと思います。
[PR]
by yukkurisoap | 2013-04-03 15:39 | 日記 | Comments(0)
長男の誕生日
昨日4月1日は長男の誕生日でした。
なのに画像がなく寂しいのですが・・・

長男のバースデーケーキのリクエストは「お母さんのレアチーズケーキ」。
「お母さんの」がポイントですよ〜。
「ケーキ屋の」じゃないところがなかなか素直でよろしい!(単なる気遣いかもしれませんが)
「オレもいっしょに作る。」と前々から楽しみにしていました。
私の友達も遊びに来ていたので3人で作りました。
作業時間わずか30分。1時間冷やせばでき上がり!簡単、簡単。

そしてメインはまたもやキーマカリー。
ナンの生地はホームベーカリーにおまかせです。
でき上がりの合図が鳴って中をのぞいて見ると、あれぇ、なんだか様子が変。
生地がいつもより少ない。

よくよく考えたら・・・
なんてこったぁ!イースト菌を入れてなかった!!!

前回、主人の誕生日には羽根を付け忘れ、今回はイースト菌の入れ忘れ・・・
自分にあきれ果て、しばらくポカンとしてましたね。

ふと我に返り、慌てて主人に電話して市販の冷凍ナンを買ってきてと頼みました。
そしてしばらくすると主人から電話が・・・
「行ったお店の冷凍庫が故障ってことで冷凍食品が全滅」だという悲しい事実・・・

天に見放されました。

しかたなく失敗した生地を無理やり焼いてみました。
はい、食べてみました。

・・・すいとんを焼いたらこんな感じなんだろうなぁ・・・

せっかくの長男の誕生日に大失敗。
でも、本人はおなかが空いていたせいか普通に食べていました。

友達家族から戦国武将の本をもらってテンションマックスになっていた長男。
肝心の親からのプレゼントはネットで注文したら在庫不足で誕生日に間に合わず。
友達家族からのプレゼントがなければちょっと寂しい誕生会になっていたかも。

本人はあまり感じてないのかもしれないけど、
何から何まで申し訳なかったなぁ、と母は思うのでした。
[PR]
by yukkurisoap | 2013-04-02 12:02 | 家族にまつわるあれこれ | Comments(4)