手づくりせっけん・ローズウィンドウなどハンドメイドを中心とした日々のあれこれ
by yoppa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
手づくりせっけん
せっけんにまつわるあれこれ
せっけん部
ローズウィンドウ
イベント
もぐもぐ部
その他の手づくり
お店
おでかけ・こでかけ
家族にまつわるあれこれ
ノラ猫との日々
密かに好き
気になる
日記
最新の記事
久しぶりのせっけん
at 2016-11-28 21:48
二戸市中央公民館講座
at 2016-10-14 16:20
欅並木の手仕事展、修了しました
at 2016-10-06 21:53
イベント搬入とワークの内容
at 2016-09-30 22:30
欅並木の手仕事展
at 2016-09-23 20:43
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...
最新のコメント
めっちゃ美味しかったの!..
by yukkurisoap at 14:31
めっちゃ美味しそうだし!..
by naosuke at 16:59
根は素直なんだと思うけど..
by yukkurisoap at 10:12
取扱い注意なんだね(^^..
by aozola at 17:17
naosukeちゃん、ブ..
by yukkurisoap at 16:56
かぁ~!素敵すぎてめまい..
by naosuke at 16:40
ご意見ありがとうございま..
by yukkurisoap at 21:57
ちょっと待ってください。..
by 厳しい意見ですが at 11:11
あさみさん、はじめまして..
by yukkurisoap at 13:16
はじめまして! 今まで..
by あさみ at 18:22
フォロー中のブログ
まるごと青森
yokoのらくがきちょう
irodori窯~pat...
岡田まりゑblog
たねブロ(青森県八戸市種...
Lovely-Jubbl...
猫猫花花
slow trip
石けんを作ろう!
AromaRoomへようこそ
こっそり工房の ど...
tecoloてころのブログ
オトヱ文庫
長瀬荒物店
ビーズ・フェルト刺繍作家...
∞おうちサロンなちゅら∞...
peaceful life
*Herbと手作り石けん...
外部リンク
検索
<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ウルトラマリンブルーとラピスラズリ
a0277221_9131627.jpg
青いせっけん。
ソーパーさんなら一度は作ってみたいせっけんの一つではないでしょうか?
私も、ずっと憧れていながらも一度も作ったことはありません。
せっけんを作り始めた頃、無香料、無着色ということに強いこだわりがあったからです。
材料はすべて天然素材で。
でも、長く作っていくうちに、季節や素材のイメージをせっけんに表現したくなりました。
今ではすべてのせっけんではないですが、香り付けもしますし、天然素材であれば着色もします。

そこでウルトラマリンブルーです。
やっぱり夏には青いせっけんが作りたくなります。
そう思って買ってあったウルトラマリンブルー。
しかし、天然素材ではないので使うことにためらいがありました。
そんな中、見つけたのがラピスラズリです。
宝石としてしか認識がなかったので、これをせっけんに入れることが逆に斬新に思えました。
ウルトラマリンブルーとラピスラズリ。
写真は、上がウルトラマリンブルーで下がラピスラズリ。違いがほとんどわかりません。
しかし、肉眼でははるかにラピスラズリの方が彩度が高いです。
この二つをこれを機会にちょっと調べてみることに・・・

ウルトラマリンには、天然ウルトラマリンと合成ウルトラマリンとがあって、天然の方はラピスラズリを原料とし、中世のヨーロッパでは顔料としてフレスコ画などに利用されていました。
しかし、非常に貴重なもので芸術家たちもめったに使用できず、当時は金よりも高価だったそうです。
現在では天然の顔料はほとんど作られておらず、出回っているウルトラマリンは合成のもの。
合成ウルトラマリンは石灰を焼くかまどの中で偶然発見されたそうです。
その後開発され、緑や赤など様々な色を作り出せるようになり、その中の青をウルトラマリンブルーと呼びます。
合成とはいえ、アイシャドーなどの化粧品グレードとして出回っているわけですから「合成だからイヤッ!」と、かたくなにならなくてもいいような気がします。

一方、ラピスラズリは鉱物の青金石を主成分とし、宝石や顔料の原料として重宝されてきました。
和名では瑠璃(るり)。ラピスはラテン語で「石」。ラズリはラズワルドというアラビア語が起源で「天・空・青」を表し、「群青の空の色」を意味してるそうです。
石言葉は「尊厳・崇高」だそうです。
                  参考文〜ウィキペディア〜

すご〜い!ラピスラズリかっこい〜!
なんだか太古のロマンを感じます。
昔の人はきっとこの石を珍重に扱い、敬っていたんだろうなぁ。
この青もなんだか神聖な色に思えてきました。

青いせっけん。
イメージを考えて作るのがワクワクしてきました。
[PR]
by yukkurisoap | 2012-08-30 10:34 | せっけんにまつわるあれこれ | Comments(6)
くちゃせっけん
a0277221_11234868.jpg

友人からマンゴーとシークワーサーをいただきました。
どちらも沖縄を代表するフルーツですね。
マンゴーは子どもたちの大好物なので、食べられる前に記念撮影。
シークワーサーは実物を見るのは初めて!
こんなに小さいのですね。
さっそく今晩、お酒にギュギュッと絞ってみたいと思います。

a0277221_11392485.jpg

沖縄と言えば、以前ブログにも書いていましたが、主人からの沖縄土産「くちゃ」を使ったせっけんを仕込みました。
「くちゃ」は沖縄の方言で「泥」という意味だそうです。
クレイのせっけんは、ほんとよく毛穴をお掃除してくれます。
いろんな種類のクレイのせっけんを使ってみましたが、共通して言えるのは、さっぱりするのに洗い上がりはしっとり。ということだと思います。
くちゃせっけんには、南国の海つながりで「雪塩」もオプションとして入れています。

「くちゃせっけん」のでき上がりがとても楽しみです。
[PR]
by yukkurisoap | 2012-08-29 11:46 | 手づくりせっけん | Comments(4)
自由工作と自由画と母
夏休みが終わりました。
世のお母さん方、大変お疲れさまでした。m(_ _)m
まだの方、あと少しの辛抱です。引き続きがんばってください!

最後の方は宿題も片付き、のんびり過ごした子どもたち。
次男は宿題ではないけれど工作をしていました。
何を作っているのかな?
でき上がったのはコレです。
a0277221_9395915.jpg

おぉ〜!なかなか上手!何も見ずにここまで描けたら上等、上等!
どうしても「ブログに載せて!」と言うのでアップしてみました。


夏休みの工作といえば・・・
私が小学生の頃は自由研究などなくて、自由工作と自由画は必須でした。
小さい頃から絵を描いたりするのが大好きだったので、夏休みの宿題はぜんぜん苦痛じゃなかったのですが、この宿題を密かに楽しみにしている人がいました。

母です。

母は「今回はこんなの作ろうか?」とか「こんなの描こうか?」など勝手にテーマを決めて一緒にやりたがるのです。
今でも忘れられない作品があります。
それは、自由工作で油粘土(今でもこう呼ぶのかな?深緑色のベタベタする粘土です)で作った作品です。
最初のうち母は指導にまわっていたのですが、私の作品が思うようにいかないことにしびれを切らしたのか、とうとう自分で作り始めたのです。
そのうちすごく作品作りに入り込んでしまって、私はただただその様子をながめているばかり。

そしてでき上がったのが、女性の裸体でした!
作品は首から下、ヒザから上の裸体で、色も深緑色だったので、まるで銅像を見ているかのようでした。
母は満足しきって「これにしよう!」と明るく言うのです。

まだあります。
それは自由画でした。
ウチにはたまたま「世界の名画集シリーズ」なるものがあって、その中から母はルノワールの画集を取り出し「これにしよっか!」と、これまた明るく言うのです。
そして最初はペタペタと色塗りしていた私の様子を見て指導していたのですが、最終的には私から筆を取り上げ自分が描いている始末。
でも、でき上がりが小学生の私にとっては衝撃的に素晴らしく思えました。
まさに贋作です。

今でも、作品の仕上がりと喜々として製作に挑む母の姿は記憶にしっかりと刻まれています。
不思議なことに、その作品を学校に提出して都合が悪いとか、先生に怒られるとか、そういう自分の気持ちの記憶が全くありません。
それくらい作品と母の姿は強烈だったんでしょうね。

母よ、あなたの孫はしっかりとあなたの血を受け継いでますよ。
[PR]
by yukkurisoap | 2012-08-23 10:31 | 家族にまつわるあれこれ | Comments(4)
ナニコレ珍百景
どうやら、近所のお店のゴミ捨て場が「ナニコレ珍百景」に認定されたようです。
当日、番組を見ていなくて後で友達から聞きました。
さっそく子どもと見に行きました。

a0277221_15274221.jpg
リアルにコワいよ〜(┓~-~)┓

3カ所も設置されていました。
多いよ・・・

元の画像はどこから見つけてきたんでしょう・・・

ウチのゴミ捨て場じゃなくてホッとしています。
[PR]
by yukkurisoap | 2012-08-21 15:36 | 気になる | Comments(4)
大詰め
a0277221_148588.jpg

夏休みも大詰めです。
今年もいっぱい遊んだなぁ〜。

主人の夏休みは昨日でおしまい。
子どもたちは今週水曜日までとなりました。

私の方も、思い出したかのようにせっけん作り始めています。
今日はバラの花びらをオイルに漬け込みました。
a0277221_14123937.jpg

どんなせっけんにしようか、もくろみ中です。

だんだんと通常生活のリズムに戻さなくてはいけませんね。
がんばりま〜す(=_=)
[PR]
by yukkurisoap | 2012-08-20 14:34 | せっけんにまつわるあれこれ | Comments(2)
子ども会キャンプ
a0277221_1344994.jpg
先週金曜日から2泊3日の子ども会キャンプがありました。
ずっと30度超えの晴天続きだったのですが、当日はあいにくの雨。
回復の見込みがないということで、急きょ近所の集会所で決行することになりました。

a0277221_13462040.jpg長男は4度目、次男は3度目となった今年のキャンプ。
低学年の頃は、ただただ訳も分からず自由にしていた長男ですが、学年が上がるにつれて班長という役が付き、責任も課せられ、出発の2、3日前には「行きたくない(T_T)」とナーバスになっていました。
一方、次男は「ちょう〜楽しみっ!はっきり言ってキャンプ大好きっ!」と楽天的。全く対照的な二人です。

a0277221_1349297.jpgしかし、いざ始まってみると、以外にも長男は積極的に動いて班長らしきことをしていました。
一安心です。
そして、何か目立ったことをしないと気のすまない次男は、キャンプファイヤーで女神ならぬ男神として登場!エスコート役には長男の姿も!
さらにその後のスタンツ(即興の出し物)では、長男は桃太郎役として主役を、次男は前日から脚本作りと当日の司会進行まで、それぞれ立派に役を果たしていました。

a0277221_1350194.jpg
私はというと、いつもは1泊でサポートをしているのですが、今回は初の2泊でのサポート。
子どもたち主体のキャンプとはいえ、大人たちの役割も忙しく次々やることが後を絶ちません。
ほとんど炊事場で立ちっぱなし。またたくまに足はゾウのように。
子どもたちが寝静まってから、ようやく1日の反省会を兼ねた飲みが始まります。
そんなバタバタした2日間が続き、寝不足&二日酔い&疲労困憊&腰痛で、最終日は気力で動いてるようなものでした。
最後のイベントとなったスイカ割りで、食べやすいようにとザクザク切っていたのですが、包丁を持ったままスイカを持ち上げ、手が滑ってはずみで指を切ってしまいました。
けっこう深く切ってしまい、止まらない血を見て本当は気絶しそうだったのですが、まわりの方々の「大丈夫?」の声に「あ〜赤い血が流れてて良かったぁ。」と訳の分からない受け答え。それくらい動揺してました。
あるお母さんが「がんばったから休めってことだよ。」と言ってくれて、その言葉に気が緩み、(がんばったのね、あたし・・・ウルウル)と改めて思いました。

a0277221_135217100.jpg疲れることは承知でも、それに変えがたい楽しさがキャンプにはあります。
今年は特に子どもたちの活躍が見られて成長を感じたキャンプでした。

3日間、貴重な時間を割いて、直接子どもたちの
面倒をみてくれた中学生や高校生のリーダーたち。
仕事の調整をしながらサポートしてくださった大人の方々。
そして参加してくれた主役の子どもたち。
みんなありがとう!そしてお疲れさまでした!
[PR]
by yukkurisoap | 2012-08-08 14:03 | 家族にまつわるあれこれ | Comments(6)
竹炭せっけんと湯の華せっけん
a0277221_13265123.jpg
久々のせっけんネタです。

依頼を受けているせっけんをコツコツと製作中です。
中でも竹炭せっけんと湯の華せっけんは欠かすことができません。

竹炭はお友達のダンナ様からのリクエスト。
ラーメン屋さんを営むご主人は、厨房で毎日汗と脂との戦いです。

それらをスッキリ洗い流すのに竹炭が大活躍。
デザインでも遊べるので作るのが楽しみなせっけんです。

そして、湯の華はお友達の知り合いの方からのリクエスト。
イベントでお買上げくださってから、ずっとリピートされています。
湯の華は私も大好きなせっけんで、主にアトピーや乾燥肌に向いています。

ご自分に合ったせっけんを見つけていただき、とても嬉しく思います。
[PR]
by yukkurisoap | 2012-08-02 13:52 | 手づくりせっけん | Comments(6)