手づくりせっけん・ローズウィンドウなどハンドメイドを中心とした日々のあれこれ
by yoppa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
手づくりせっけん
せっけんにまつわるあれこれ
せっけん部
ローズウィンドウ
イベント
もぐもぐ部
その他の手づくり
お店
おでかけ・こでかけ
家族にまつわるあれこれ
ノラ猫との日々
密かに好き
気になる
日記
最新の記事
久しぶりのせっけん
at 2016-11-28 21:48
二戸市中央公民館講座
at 2016-10-14 16:20
欅並木の手仕事展、修了しました
at 2016-10-06 21:53
イベント搬入とワークの内容
at 2016-09-30 22:30
欅並木の手仕事展
at 2016-09-23 20:43
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...
最新のコメント
めっちゃ美味しかったの!..
by yukkurisoap at 14:31
めっちゃ美味しそうだし!..
by naosuke at 16:59
根は素直なんだと思うけど..
by yukkurisoap at 10:12
取扱い注意なんだね(^^..
by aozola at 17:17
naosukeちゃん、ブ..
by yukkurisoap at 16:56
かぁ~!素敵すぎてめまい..
by naosuke at 16:40
ご意見ありがとうございま..
by yukkurisoap at 21:57
ちょっと待ってください。..
by 厳しい意見ですが at 11:11
あさみさん、はじめまして..
by yukkurisoap at 13:16
はじめまして! 今まで..
by あさみ at 18:22
フォロー中のブログ
まるごと青森
yokoのらくがきちょう
irodori窯~pat...
岡田まりゑblog
たねブロ(青森県八戸市種...
Lovely-Jubbl...
猫猫花花
slow trip
石けんを作ろう!
AromaRoomへようこそ
こっそり工房の ど...
tecoloてころのブログ
オトヱ文庫
長瀬荒物店
ビーズ・フェルト刺繍作家...
∞おうちサロンなちゅら∞...
peaceful life
*Herbと手作り石けん...
外部リンク
検索
カテゴリ:おでかけ・こでかけ( 18 )
酒田・鶴岡への旅とグダグダな長男
a0277221_13471150.jpg
主人の年度末休暇と子どもたちの春休みということで、ちょっとした旅をしてきました。
久しぶりの家族旅行。
もしかしたら長男が中学生になってから初めてかもしれません。
それまでも何回か誘ってはいたのですが、なにせ思春期真っ只中の中学生。
ちょっと取扱い注意なのです。
それでも今回は私たちの押しに負け、しぶしぶ(笑)付いて来てくれました。

山形県酒田市の山居倉庫。
明治時代に建てられたお米の保管倉庫で、今もなお現役です。
こういう日本的な建物は心が落ち着きますよね。
a0277221_13514254.jpg
a0277221_13512396.jpg
でも・・・
せっかく長い時間をかけてここまで来たというのに、子どもたち、車から降りて来ず・・・
長男は「頭 痛いから車で休んでる。」と言うし、次男坊は「何が楽しいのさ?」とか言って興味なし!
長男は出かける朝から「喉が痛いし、頭も痛い」と言っていたので、観光もしないんだろうな〜と思ってたのが案の定でした。
小さい頃はどんな場所でも楽しそうにしていたのに・・・と、ちょっぴり母は悲しくなりました。
が、これが成長というものです。
それならそれで逆にじっくり観れるし、良しとしよう!と早々に気持ちを切り替えることにしました。

周りは近代的な建物ばかりなのに、この一角だけがひっそりとして時が止まったかのようでした。
「おしん」のロケ舞台にもなった場所です。
四季を通して訪ねてみたい場所でした。


そして次に向かった先は鶴岡市。
a0277221_14092225.jpg
クラゲの展示種類が世界一という加茂水族館。
今回、一番行きたかった場所です。
a0277221_14142611.jpg
a0277221_14144284.jpg
a0277221_14145298.jpg

最も圧巻だったのが、こちらの直径5mの水槽。
a0277221_14151023.jpg

a0277221_14153674.jpg
ずっと観ていても飽きないクラゲたち。癒されました〜。

が、ここでも長男は車から降りず・・・次男坊は来ましたけどね・・・


その後の宿は、ワイドな窓から日本海が見渡せるワンダホーなビューが望める8階のお部屋!
これだけでも大満足!
a0277221_14344780.jpg
が、やはり長男はグダグダで、温泉にも行かず部屋風呂で済まして、とっとと寝てしまいました。
でも、夕食はしっかり食べていたので心配はなかったのですが、次男坊にも「お前、何しに来たのさ?ただ、山形来ただけじゃん。」と言われていました。
やはり長男にとって家族旅行は面倒なんだね〜。
でも、これが成長というものです。

その後、自宅に着いて長男の熱を計ると珍しく微熱で、それでも一晩寝ると平熱に戻り、すっかり元気になって友だちと遊んでいるご様子。

やっぱり、あの頭痛は拒否反応?熱は知恵熱?
ひえ〜!体に出るってよっぽど!そのうち次男もそうなるのかな〜。
悲しいけど、これが成長というものです。

母も成長しなくちゃね!






[PR]
by yukkurisoap | 2016-03-31 15:38 | おでかけ・こでかけ | Comments(2)
アンコウ&本州最北を行く
すっかり新年も明けてしまい、世間は通常モードになっているというのに私はまだお休み気分でおります。
あ、ごあいさつ遅れましたが今年もよろしくお願いいたします。

お正月は秋田で過ごし、こちらへ戻って来てすぐに子ども達は2泊の研修に出かけたため、10数年ぶりかで夫婦二人で過ごすことに!
主人の冬休みも長いのです。
これはもう、大人だけが楽しめることをするっきゃないでしょ!
ってことで、長年夢だった「アンコウ鍋を本場で食べたい!」という私の願いを叶えるべく、下北半島は風間浦村を目指したのでした。
アンコウの旬もちょうど今!なんてばっちりのタイミングなんだ、神様ありがとう!子ども達、最高の親孝行です!
a0277221_14092713.jpg
お世話になったお宿は「さが旅館」。天真爛漫な女将さんが印象的。
旅館自体はちょっと古い感じだったけど、料理がもう豪華でお膳が運ばれて来た時に「こ、これ、一人前ですか?」と思わず聞いてしまったくらい。
ちょうど正月明けでアンコウ漁も休みだったため、アンコウのフルコースは食べられなかったけど、目的のアンコウ鍋を出してくれるというのでそこに決めました。
a0277221_14251437.jpg
a0277221_14254933.jpg
鍋に火をつけ温めている間、他の料理にがっつく私たち。
無心に食べ、ちょうど鍋が煮えた頃にはすでにお腹いっぱい。
「も〜お腹いっぱい!ど〜しよ〜」
「まぁ、ゆっくり食べましょう」
という感じでゆっくり食べていたのですが、ゆっくり食べるとお腹はますますいっぱいに。
次第に「ひとつクリアーした。残るは5品。」とか「次はこれをやっつける。」とか、まるで敵を一人ひとり倒すかのような会話に変わっていきました。
あんなに食べたかったアンコウ鍋にもなかなか手が伸びず・・・
しかし、宿を予約する際「アンコウ鍋はありますか?」と聞いた手前残すわけにもいかず、破裂寸前のお腹を抱え、すでに冷えきった鍋をやっとのこと食べ切りました。
鍋が煮えるまであんなに食べるんじゃなかったと後悔しきり。

そして食べきれなかったものは朝食に出してもらったり持ち帰りにしました。
夕飯を終えたことをフロントに告げ、布団を敷きに来た女将さんが「今、ちょうどテレビでウチが出るのよ!」と言うので慌ててチャンネルチェンジ!
それは「路線バスの旅」という番組で、オリンピック選手の◯◯さん(すみません!名前忘れました!)が地元のバスに乗って地元の人とふれあい、地元に泊まり、地元の美味しいものを食べるという内容でした。
a0277221_14441372.jpg
さっき、ここで布団を敷いてくれた女将さんが今テレビに出てます。
テレビでも天真爛漫さは変わりません。
a0277221_14455975.jpg
ここのお宿のアンコウのフルコースも紹介されていました。
あ〜あったかい鍋〜!今度こそはフルコースで!

ひと風呂終えた後は本州最北端のワイナリーで買って来た下北ワインで乾杯。
a0277221_14504138.jpg
主人がちゃんとワイングラスとオープナーを持参していました。
こういうことろはほんとマメな主人で度々驚かされます。
グラスもアウトドア用のものでプラスチックなのですが、脚をクルクル回して取り外しできる便利なものです。
主人はワインで酔ってしまいましたが、私はなんかもっと飲みたくて自販機でチューハイ買って飲んでました。
年々おじさん化しています。

次の日は行きたかったお店がお休みってことで、ここまで来たら本州最北端を目指すしかなくなり、ひたすら吹雪の中を北へ北へ。
a0277221_15000863.jpg
来たどー!マグロの大間町!20年ぶりくらいに来たー!
こう見ると何でもないような天気だけど、ものすごい風で、試しに外に出たら風で2、3歩よろけました。
たぶん風速20〜30mあったと思われます。風が強過ぎて雪も付かないのよね。
a0277221_15155033.jpg
人っ子ひとりいない〜!さみしー!さむーい!
荒れ狂った海を見ながら引き返すことに。
a0277221_15191029.jpg
途中のお店で買ったアンコウ焼きとアンコウ揚げ。
お味は鯛焼きとなんら変わらないのだけれど、グロテスクなアンコウもこうなれば可愛らしい!

これ、ピンぼけの写真ではありません。
a0277221_15285993.jpg

帰り道は爆弾低気圧のせいで、ものすごい吹雪に!
ホワイトアウトに何度も見舞われ命がけでした。

来年の今頃も二人の旅ができそう(?)なのでアンコウのフルコース行きたいと思ってます。

[PR]
by yukkurisoap | 2015-01-08 15:58 | おでかけ・こでかけ | Comments(0)
秋田駒ヶ岳
a0277221_20222719.jpg
先日の連休は久しぶりに登山をして来ました。秋田県の駒ヶ岳です。
子どもたちにとって本格的な登山はこれが初めて。
主人と私は12年ぶりの駒ヶ岳です。

駐車場からバスに乗り換え、8合目までバスで行きます。
この道がとんでもなくつづら折りでして、到着までのカーブの数50カ所以上。
嵐の大海に揺られる小舟のようにバスは進み、次第に無口になる子どもたち。
終点まで持ちこたえることができるのか、母は気が気ではありません。
魔の時間と戦い続け、終点で降り立った次男坊は真っ青な顔でゲロゲロバーッ!

やっちまいました。

しばらく動けなく20分くらいは休憩。
主人は一人忙しく、入山届けとゲロゲロバーの始末。
ようやく落ち着いたところで登山開始です。
a0277221_20422500.jpg
駒ヶ岳はいくつかの連峰になっていて、それぞれの山頂を楽しむことができます。

が、やはり次男坊はまだ体調が戻らなかったせいか「はひ〜調子わり〜」とか「今日に限ってダメだ〜」とか、体調が悪いわりにはずいぶん騒がしく歩いていました。
そして、挙げ句の果てには「かかとが痛い」と言い出し、途中で何度も靴を脱ぎ、絆創膏を貼ってみたり、靴ひもを緩めたり締めてみたり、とうとう私の靴下と交換したり、次男坊をなだめては励まし、私はなんだか忙しく、心は穏やかではなかったけれど、山ではすれ違う人に「こんにちは〜!」と挨拶するのがお約束なので、たぶん、その時は相当引きつりながら挨拶してただろうな〜。
a0277221_21132438.jpg

そんなこんなで、私の靴下を履いてからは調子が良くなったのか、ずんずん歩けるようになった次男坊。
その頃、長男は一人先を行き、見えないくらい前を歩いていました。
a0277221_21124195.jpg
子どもたちが小さい頃から山歩きはしていて、こういう木道を歩く後ろ姿を写真に撮るのは楽しいものです。
平坦な道が嬉しく楽しい!
池の先にある山小屋を目指します。
a0277221_21195950.jpg
池は阿弥陀池といいまして、山小屋に向かって進むと左側の男女岳(おなめだけ)、右側の女岳(めだけ)、後方の男岳(おだけ)、そして前方の横岳、焼森山などそれぞれの山に囲まれていて、まるで極楽浄土のような風景。
男女岳には登りませんでしたが、横岳と焼森山の山頂に立つことができました。

途中の通称「ムーミン谷」と呼ばれる場所。春には一面お花畑になります。
a0277221_21312408.jpg
横岳山頂からすぐお隣の焼森山山頂へ。
a0277221_21362658.jpg
ここを過ぎて、あとは下山しました。
この下りが相当キツく、岩のゴロゴロした急斜面が果てしなく続き、途中生まれたての子鹿のように足がワナワナと震え、ほんと大変でした。
なのに子どもたちは平然と下りて行き、逆に「お母さん大丈夫〜?」と声をかけられ、登りのあれはなんだったのよ!私の靴下返せー!って感じでした。

2日経ちましたが筋肉痛にもならず!
まだまだ行けると自覚したので、雪が降る前にまたどこか登りたいと思いました。

[PR]
by yukkurisoap | 2014-10-14 22:08 | おでかけ・こでかけ | Comments(0)
八甲田温泉
a0277221_21265996.jpg

今日は久しぶりに八甲田温泉に行って来ました。
6月にリニューアルしてからは初めて訪れます。
温泉に入る前に、すぐ近くにある田代湿原を歩いてみることに。
ここも久しぶりです。
歩くことを想定していなかったので全員サンダル履きでしたが、多少のぬかるみを気にしなければ平坦な木道なので余裕で歩けます。
a0277221_21403021.jpg

モウセンゴケ。
色といい形といいファンタジック!
最近、苔ブームのようで「苔ガール」と呼ばれる女子もたくさんいらっしゃるそう。これ、きっとたまんないかわいさでしょう。
a0277221_21444818.jpg

こちらはたぶん・・・羊草。あまり自信ないけど・・・
夏に睡蓮みたいな花を咲かせます。
他にも夏に可憐な花を咲かせただろうと思われる植物がいろいろあって、花の頃を想像して歩くだけでも楽しいものです。
そんなふうにして、ゆっくり歩いても1周1時間程で回れる場所です。

そして歩いた後はいよいよ温泉へ。
こちらいつもの正面入り口でしたが、中へ入ると広々とリニューアルされていました。
a0277221_2154194.jpg

奥へ奥へと進み、新しくできた温泉「龍神の湯」へ。
a0277221_21565728.jpg

外観からして圧倒される大きさ。
もちろん中も湯船が広々として、さらに露天も広々〜!サイコー!
誰もいなくなってから泳いでみました〜!
吹く風がすっかり秋の風で気持ちいいのなんのって極楽気分とはこのことです。
昔は落雪で露天風呂の屋根が壊れていたのを記憶してますが、その頃の面影なんてあるはずもない!
お風呂の写真が撮れなかったのは残念ですが、これからの紅葉シーズンはもっともっと格別だろうな〜。
a0277221_2255100.jpg

あちこちにススキが出ていて、お山はすっかり秋の気配。
やっぱり山はいい!山が好きだ〜!
久しぶりに登山をしたくなりました。
[PR]
by yukkurisoap | 2014-08-23 22:16 | おでかけ・こでかけ | Comments(0)
東北エモーション
a0277221_20561765.jpg

三連休とともに夏休みに突入。
と同時に長男の部活の県大会があり、やたら早い集合時間とお弁当作りのため朝3時起きが2日連続。
そんなハードな連休中に嬉しい出来事も!
同級生たちと冬から計画を立てていた「東北エモーション」に乗ることができました!!願えば叶うものです。
a0277221_214697.jpg

発売当時から全国的に大人気で予約が取れず、キャンセル待ちをしていました。
鉄道マニア「鉄ちゃん」ではないけれど、電車は大好きな乗り物です。
しかも美味しくオシャレなランチをいただきながら乗れるなんて最高に贅沢です。
前菜からデザートまで、三陸海岸を観ながら堪能。
a0277221_2191834.jpg

いつも見慣れている八戸の蕪島も列車からは初めてかも。
a0277221_22223290.jpg

歓迎の旗を振る方々があちこちで見られました。
何よりのおもてなしです。
a0277221_21132558.jpg

a0277221_21133950.jpg

被災地の方々からはこちらが元気をいただきます。嬉しいな〜。

そして終点の久慈市は言わずと知れた「海女ちゃん」の舞台。
ここでも歓迎の旗が。
a0277221_22232929.jpg

もうドラマは終了してしまったけれど、まだまだブームは続いていました。
お手洗いのマークだって、この通り。
a0277221_21244343.jpg

街には海女ちゃんにちなんだものが点在しています。
a0277221_21261470.jpg

帰りのデザート列車の予約は取れなかったのですが、それでも十分に満喫した旅となりました。
ちなみにデザート列車は食べ放題だそうです。
バタバタとした毎日の中で、たまにはこんな贅沢もいいかな、と。
こちらはまだ梅雨明けもしていなく、これから夏を迎えるわけですが、すでにこの夏一番の思い出となりそうな気がしています。
[PR]
by yukkurisoap | 2014-07-22 21:43 | おでかけ・こでかけ | Comments(2)
子ども会小旅行〜わんこそば
a0277221_1143736.jpg

昨日は子ども会の小旅行で盛岡へ行きました。
バスで出発し約2時間で到着。
子ども科学館にてプラネタリウムを体験。久しぶりのプラネタリウムにワクワク!
椅子を倒すと目の前に広がる広大な空間。辺りが徐々に暗くなり大きなドームに映し出される天体ショー。
時間をどんどん進め、星の動きや星座などを教えてくれます。
架空の時間が真夜中になる頃には、私にも就寝時間が訪れ、説明をしてくれるお兄さんの声が心地よく、次第に夢の世界へ誘ってくれるのでした。

・・・架空の時間が朝を迎えたところで私も目覚め、目の前にいる子ども会の女の子たちに「クイズ、何番押した?」と聞かれ、どうやら途中でクイズがあったらしく、なんのことかわからなかったけど適当に「1番押したよ。」と答えたら「寝てたでしょ?」とズバリ言われ、彼女たち、クスクス笑いながらその場を去って行きました。
恐るべし子どもたち。

たっぷり寝た後は、お楽しみのわんこそば!
数年前の小旅行でもわんこそばを食べたのだけれど、普通に食べるそばとは違い、子どもたちに大好評!しかもここのおそばは美味しい!お腹いっぱいになるから、おつゆは飲まないようにと言われたけれど、このつゆが美味しい!
お椀に入るちょっとのおそば15杯分で、通常のおそば1杯分。
これがまた、子どもたちどんなにお腹がすいていたのか、よく食べる食べる!
最高食べた子は70杯以上!大人の最高は150杯以上!恐るべし胃袋たち。
異常なほどの盛り上がりを見せたわんこそば大会。(もはや大会です)
団体で行くから楽しさ倍増です。

おそばでお腹いっぱい満たされ、帰りは「手づくり村」でお土産などを買い、またバスに揺られて帰路につくのでした。
みんな楽しんでくれたみたいだし、毎回楽しい小旅行を企画してくれる子ども会会長(主人なのですが)もお疲れさまでした。
[PR]
by yukkurisoap | 2014-03-17 12:35 | おでかけ・こでかけ | Comments(2)
ボールに入る子どもたち
連休最終日ですね。
私は1日目仕事、2日目おでかけ、3日目仕事という感じで過ごしております。
ほんとは泊まりがけで出かける予定でしたが、スケジュールを立ててみたらそんな余裕なしでした。

昨日のおでかけでは、子どもたち、ことごとくボールの中に入ってました。
こうなったり、
a0277221_1450068.jpg

こうなったり。
a0277221_14513610.jpg

さらに、地上ではこんなことが・・・
a0277221_14533258.jpg

もちろん入れてみました。
a0277221_14555410.jpg

[PR]
by yukkurisoap | 2013-11-04 14:56 | おでかけ・こでかけ | Comments(0)
りんごワーク
3連休最終日、今日は家でのんびりしています。
ここんとこ仕事漬けだったので、2日間連続で紅葉を巡りながら温泉でゆっくりしていました。

温泉がてら出かけたのが板柳町にある「ふるさとセンター」りんごワークです。
a0277221_1542466.jpg

モチーフとしてもカワイイりんご♥
食べても美味しいし健康にも医者いらずと、いいこと尽くめ。

ここではりんごを元にいろんな体験ができます。
「りんご草木染め」「りんごのお菓子づくり」「リンゴの木の灰を使った陶芸」などなど。
施設内もとても広く、コテージや温泉もあり、まさに学んで遊んで泊まれる施設となっています。

いろんな種類のりんごが売っていました。
全部試食して食べ比べできます。
a0277221_1554246.jpg

鮮やかなりんご、カワイイ♥
a0277221_15554850.jpg

a0277221_16111891.jpg

りんごカッターを買ってきました。
a0277221_1613082.jpg

これ、少し力は要るけど便利。
子どもたち、ハマってます。梨でもやると張り切っています。

今が旬のりんご。
町を走っていてもずっと続くりんご畑が、なんとも秋の空に映えて
津軽ならではの美しい風景。
青森県人で良かった〜としみじみ感じた秋の日でした。
[PR]
by yukkurisoap | 2013-10-14 16:34 | おでかけ・こでかけ | Comments(2)
浄土ヶ浜へ
昨日で子どもたちの夏休みが終わりました。
終わってみればあっという間。
今年は子ども会の行事が目白押しで、その全てにサポート役として参加していました。
なので夏休みは子ども会で始まり、子ども会で終わった・・・もうバテバテ・・・
という感じでしたが、先週末は、せっかく最後の夏休みなのでどこか行こう!
と急きょ決定!
白い砂浜、青い空とコバルトブルーの海。そう!夏こそ浄土ヶ浜!
ということで、岩手県は宮古市を目指して出発しました。

行きはゆっくりと沿岸沿いをドライブ。
途中、度々目にする痛々しい津波の爪痕。
街中を走っていても突然雑草だらけの荒れ地が現れ、よく見れば家の土台だけが残っていたり。
修復中の三陸鉄道や整地されていく広大な土地。行き交う工事車輛。
私たちが宿泊したホテルの敷地内にも仮設住宅や仮設店舗があったりと、テレビでは見ていたものの、いざ目の当たりにすると、現実を受け止めざるを得ません。

その仮設店舗でビールやお菓子などを買い込みました。
ホテルでも売っているのですが、少しでも支援に繋がれば・・・と願って。

さて、翌日いよいよ浄土ヶ浜です。
朝一番で遊覧船に乗り込みます。
a0277221_10522889.jpg

ほんと、きれいな海です。
遊歩道から海をのぞき見ると・・・
a0277221_10545059.jpg

すぐそこにウニ!しかも2つも!
いえいえ、あちこちにウニ様が鎮座しておられます。
あぁ、今すぐ飛び込んでゲットしたい!大のウニ好きです。

遊覧船に乗り込み、出発時間が近づくと、エサを狙ったウミネコたちが騒がしく鳴き出し、
頭上を飛び交います。
船が出るとこの通り。

来るよ、来るよ、来るよ・・・!
a0277221_1154477.jpg

来たぁ〜〜〜〜〜っ!
a0277221_1155244.jpg

みごと、子供たちからエサをキャッチ!
みんな、エサやりに夢中です。
肝心の景色はこんなに絶景!気持ちいい〜!
a0277221_1193575.jpg

やく40分の周遊を終えて、再び遊歩道を歩きます。
a0277221_11124867.jpg

a0277221_1113292.jpg

あまりにも絶景すぎてクラクラします。

こんなに穏やかな海なのに、やはりここでもあの日は大きな被害が出ていたそうです。
a0277221_11184821.jpg

被害の写真は痛々しくて、あまり載せたくはないのですが、この案内標識、下の方が折れ曲がっています。
ここまで波が押し寄せたということです。

今回は、浄土ヶ浜の絶景を見たかったのもありますが、被災地に出向くことで何か心の戒めになるような気がして、沿岸沿いをぜひ訪れてみたかったのです。
多くの方が被災地を訪れて、支援に繋がればいいな、と思いました。
[PR]
by yukkurisoap | 2013-08-26 11:46 | おでかけ・こでかけ | Comments(2)
愛知県岡崎市へ
a0277221_10393292.jpg
先週金曜日から、親戚の結婚式で愛知県岡崎市へ行ってまいりました。
人生初の愛知県。最高気温が連日37℃と天気予報で言っているのを聞くだけでクラクラ。
日本一暑いと言っても過言ではないでしょう。

夜明けとともに出発。
車での旅では、移動距離最長記録の片道900km。
途中パンクなどのハプニングがありながらも、どうにかこうにかたどり着くことができました。
所要時間15時間。パンクと東京の渋滞がなければ、あと2時間くらいは短縮できたはず。

2日目の結婚式を終え、せっかくここまで来たのだからと3日目には少し遊びながら帰路へ向かうことにしました。

a0277221_11274464.jpg
やはり、長男待望のお城巡りははずせません。
なんといっても、あのシリーズ本で有名なデアゴスティーニから毎週のようにお城の本が長男の元に届けられているのですから。
見学しないわけがないでしょう。
武将とかお城とか大好きです。
母的には「算数が大好き」な方が嬉しかったけど、まぁ、夢中になれるものがあるだけでも良しとしますか・・・

岡崎城です。徳川家康が誕生したお城です。

そして、その徳川家の菩提寺となっているのが大樹寺です。
a0277221_1202190.jpg

a0277221_1253610.jpg
ここには徳川家と松平家の位牌や、たくさんの国や県の重要文化財があって、繁々と見入ってしまいました。
御朱印もいただきました。

岡崎市をあとに、途中、主人が青春時代を過ごした静岡県の浜松市にどうしても寄りたいとリクエストがあったので寄ってみたり、またもや長男のリクエストで浜松城に行ってみたりと、なかなか駒は進まず状態。お城巡りばかりで途中グレてしまった次男坊。そしてまた渋滞にハマる・・・などなど、なんやかんやで目的の福島までたどり着けず、東京で一泊することに。
我が家得意の行き当たりばったりの旅。
なんくるないさ〜!

a0277221_1216298.jpg
途中に見えた富士山。
世界遺産に登録されて混み混みなんだろうなぁ〜と眺めてみたり、地元ではお目にかかることのない茶畑に興奮したりと、長い長い道のりで変わる景色を存分に満喫でき、距離のわりにはさほど疲れも感じない旅でした。

主人も、大阪までなら運転できそうと自信をつけたようでした。
お次は今回グレてしまった次男のためにUSJまで連れてって!
[PR]
by yukkurisoap | 2013-07-17 12:38 | おでかけ・こでかけ | Comments(0)